Article

        

スナックのママ人妻多恵子32歳とハメまくり(第3部)

2019/ 07/ 19


アダルトブログランキング

                 
近親相姦
男女大勢で生ハメ中出し乱交プレイします


ママから電話が掛かって来たのでママに会うことになった、その時にママがいぅには貴方との
セックスが病みつきになってしまって
我慢が出来ないと言う何処か地方に連れて行ってほしいと
言うから温泉にでも行くかというと、行きたいと言ったので
行く日程を決めて行くことにしたけどママは知らない土地に行って
変態セックスを期待しているのではないかと思ったので

まず温泉ホテルに予約を入れて当日ママと待ち合わせて出かけて行った
ホテルに着くとおで迎いがあり部屋に案内してもらった
夕食は部屋でとるか、バイキングにするかというので
バイキングにしてもらう事にして夕食の時間まで部屋で過ごすことにした
ママがお風呂に入ると言ったので二人で風呂に入ることにして
ママの裸体の隅から隅まで洗っているうちにママの性器の中に
ペニスが入っていったママは性器の中にペニスを咥え込んで
            

声を出して悶えていた、アァァぁぁ~、いぃぃぃ~私のオ〇コは
他の女と、どうなのと言い出したので、男好きのする身体をしているから
自信をもって抱かれても大丈夫だよと言った。これから夕食に行ったら
男を探してやるからすぐに分かるよ、私をどうするの、ママは心配しなくても大丈夫
私に任せておけばいい、折角温泉に来て旅行に来てい居る会社の団体客も
いるからママを満足させてやるから、旅の恥はカキ捨てだから思いっきり
今日は悔いのないように思いっきり楽しんでから帰ればいい

そう云ってちっと遅い目に夕食のバイキングに参加すると
他の人たちは大勢来ていた、酒を飲んで居る人食事をしている人
会社のサラリーマンらしき団体客、夫婦で来ているお客さん
どのお客さんを見ても50歳は越えている人ばかりだった
ただ団体客の中に30前後の若い人が4,5人入っていた
お酒を飲んで居る若い連中は酒も入ったのかステージに上がって
唄を歌い始めたのでママにト〇レに行くように言ってト〇レにやった

ママがト〇レから帰って来た時に確認するとママはパンツをハイていなかった。
浴衣の上からパンツの線が消えていた。
しばらく二人で酒を飲んでからステージに上がって行き歌を歌うことにした
ママの大きいお尻からはパンツが消えている、浴衣の上からははっきりと
見えた、最初にざわついたのはやっぱり若い連中だった。
歌い終わってステージから下りるとまず若い連中がやって来て

ママの歌が上手だと言って食事が終わってから飲み直しをしませんかという
私は自分たちの部屋で飲みなおそうと言って部屋番号を教えた
しばらくしてからママは先に大きなお尻を振りながら部屋に戻った
私も若い連中に部屋で待っているからと言って部屋に戻ると
ママは浴衣を開けて局部を出していた。
ママの局部を広げて穴に指を入れるともうグチョグチョに濡れていた
これからママの局部は大勢の若者のペニスを入れるのかと思うと

たまらずママの穴の中に挿入した。入ったと言ってピストンをしていると
ママも声を出して悶え狂った。アァァぁぁ~いぃぃぃぃ~イクゥうぅぅ~
イッチャうぅぅぅ~と言ってママがイッタのを確かめてから
ママの子宮の中に精子を流し込むと同時に部屋のドアがノックされた
ママは局部を拭いてくれと言ったけどそのまま局部を拭かずに
ドアを開けたママは裸のまま局部から精子を流したまま

若い連中のペニスを受け入れた、最初の良いんですかと言って
男はママの性器に指を奥まで入れて性器を両手で広げた
広がったままの性器からはオレの精子が止めどもなく流れ出て来た
すると男はペニスを入れるではなくそのまま指を3本4本と
入れ始めて悶え狂うママの性器の中には男の指が5本
全ての指が入ってしまった。片手をいれたままピストンをするものだから
ママは声を上げて何回もイカサレる事になったアァァぁぁ~いぃぃぃ~
意識が飛んでもうろうとなっているママの性器に男は止めだと言って

穴の中にペニスを入れて射精をして性器を流し込んだ、一人の男が済むと
もうろうとしているママの裸体を次から次へママの性器に精子を流し込んだ
結局6人の内4人はママのアナルにもペニスを入れて精子を流し込んでしまった。
全員が済んで解散する時には夜が明けて外は明るくなっていた。
ママは意識が飛んで裸体のママ失神していた。
男たちはそれぞれ失神しているママの裸体や性器を写真に収めて
良い記念になったと言って帰って行った。

後日、旦那の話ではママは店のお客さんと一緒に駆け落ちをしたという
ママは子供が出来ていて、その駆け落ちした男の子供ではないかと
言っていたけど、それ以来ママの消息は途絶えた。

>>mottomiru


>>mottomiru


次は18時に投稿の予定です、お楽しみください。

>>mottomiru






スポンサーサイト
[PR]

[PR]